ハイドロキノンとトレチノインの違いって?

美容ケアを検索する女性ハイドロキノンとトレチノインはどちらも肌のシミや黒ずみを解消してくれると話題になっていますが、その違いはどこにあるのでしょうか。
ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われるほどの高い美白力を持っています。もともとは写真の現像を行っている人が肌が白いことから発見されたもので、肌のシミやシワの原因となるメラニンを作り出すチロシナーゼという酵素の働きを阻害して、メラニンの生成を抑制する作用と同時に、メラニン色素を作り出す細胞であるメラノサイト自体にも働きかけてその数自体を減少させるという効果があります。
今、肌にあるメラニンを消しながら、肌の奥深くでシミなどを作り出す原因も除去するという働きがあります。通常の美白化粧品などでは効果があまり期待できない肝斑にも効果が期待できます。しかし、ハイドロキノンは肌の表皮に出来たシミには大きな効果が期待できるのですが、肌の奥深くの真皮ですでに出来てしまっている色素沈着までは効果が及びません。
トレチノインは強力なビタミンA誘導体です。肌の新陳代謝を活性化する作用があるので、肌の奥の真皮に出来てしまった色素沈着を素早く排出させる効果が期待できます。また、肌の新陳代謝を活発化させる時に同時にコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すため、肌に潤いやハリが出て、小じわの改善効果も期待できます。アメリカではシワやニキビの治療薬として認可されています。
どちらかだけで美白をしたいのならハイドロキノン、シワや肌のハリも気になるならトレチノインが向いています。自分の希望に合った方だけを使用するのも良いですが、ハイドロキノンとトレチノインを同時に使用することで肌への浸透力が増したり、肌の表面も奥深くも同時に美白出来る事で相乗効果も期待できると言われています。