サプリメントとして美肌効果の高いトレチノイン

美肌ケアをしている女性トレチノインと呼ばれるオールトランスレチノイン酸は、体内で生成する事の出来ない必須アミノ酸であり、脂肪を肝臓に蓄積する脂肪肝の予防や小腸の消化吸収機能を高め新陳代謝を促進させる効果があります。

又、体内の血液にごく微量含有されているレチノールの誘導体である為に、抗原抗体反応やアレルギー反応を引き起こすリスクは無いとされていますが、国内ではサプリメントとして市販されていないのが現実です。

トレチノインは、ビタミンAの約50倍から100倍の美肌効果があるとされ、アメリカではシワやニキビなどの治療薬剤としてFDAに認可されていますが、日本では認可されていない医薬品やサプリメントの成分です。その為、トレチノインのサプリメントやクリームを個人輸入している方も多くいます。

皮膚のターンオーバーは、皮膚の一番深い層で生成された細胞が順番に下から表面に押し上げられ角質となり皮膚から剥がれ落ちる約4週間のサイクルの事を指しています。

一般的にシミの大部分は、皮膚の基底層に存在するメラノサイトでメラニン色素が生成される事が原因とされています。トレチノインは、表皮細胞の分裂と増殖を活性化させて皮膚のターンオーバーを促進し、基底層で生成されたメラニン色素を表皮細胞と一緒に持ち上がり、2週間から4週間でメラニン色素を排出する美肌効果があるとされています。

トレチノインは、メラニン色素を生成するメラノサイトに対して細胞毒性を有し、メラニン合成酵素であるチロジナーゼの阻害剤であるハイドロキノンの美肌効果を高めるとして、ハイドロキノンと併用されるケースが多くあります。

トレチノインは、表皮の細胞を剥ぎ取り、浸透し難いハイドロキノンを浸透し易くする効果があります。