美肌の女性

トレチノインとハイドロキノンはお肌のための医薬品

美容について考えている女性美白をしたいならハイドロキノンだと言われるほどに、今ではたくさんの医薬品や化粧品が市販されています。
市販されている一般的なハイドロキノンについては、濃度も2~4%ぐらいのものが多いのですが、より美白効果を求めるのであれば濃度は高めの方が効きやすいです。
ただ、ハイドロキノン自体は単品で使用するとそれほど浸透が良くないため、トレチノインも併用する事を検討してみるのもいいでしょう。
トレチノインはビタミンA誘導体であり、基本的にはクリニックで処方される薬になるので市販はされていません。
個人輸入で手に入れることも出来ますが、強い作用を持つためクリニックでシミなどの肌状態を確認してから処方してもらう方が安心して利用できます。
効果としても、肌のターンオーバーを促して新陳代謝を良くする、ピーリング効果などがあります。
シミなどの色素沈着の元になるメラニン色素に作用してこれも排出してくれますので、シミなどの黒ずみの改善が出来るのです。
そしてハイドロキノンはトレチノインを塗った後に使います。
ハイドロキノンは主に漂白をしますので、メラニンの生成を抑え、シミを消す作用によって今後のシミの元を作らないようにしていくのです。
それぞれ単品で使ってみようかと思っている人もいるかもしれませんが、クリニック等の治療ではセットで利用することも多いです。
お互いに役割が違いますから、両方を併用して治療を進めていくことで更なる美白効果が期待できます。
どちらも強い作用を持つため、利用をする時には期間を決めてから使っていく事になります。
その後は一度薬を使わない期間を設けてからまた治療を開始するという事になりますが、医師と相談しながら適切な治療をしていきましょう。

トレチノインでニキビや肌を改善

美肌に興味がある女性ニキビは老若男女を問わず出来てしまうものですが、人によってはなかなか治らないことも多いですし、跡になってしまったものを見てため息をついたりすることもあります。
ニキビ治療にはいろんな方法がありますが、その一つにトレチノインの処方があります。
美白の世界ではハイドロキノンとセットとして登場するので知っている人もいるかもしれませんが、ニキビ治療の場合だとあまり知られていないかもしれません。
これは肌のターンオーバーを促して新陳代謝をよくし、色素沈着の原因になっているメラニンを排出していきます。
コラーゲンやヒアルロン酸などの生成も促していきますので、しっかりと肌の水分量も保持していく事ができるのです。
何より、ニキビの人には皮脂腺をコントロールして、余分な皮脂を抑えたりしてくれるという効果があるため使われているのです。
トレチノインの使用に関しては、自由診療になります。
そして長期間使い続けると肌に耐性が出来てしまうので、大体は期間を決めて使っていく指示もあります。
肌への刺激が強いので、1~2ヶ月程度使用したら、1ヶ月は休薬期間を設けて使用します。
使い方自体はクリニックによっても変わってきますが、一日1~2回塗ります。
1回になる場合には夜に使用をしていきます。
ニキビ治療薬を使用していく場合には、たっぷり塗るのではなくて薄っすらと薄めに塗るぐらいで構いません。
気をつけたい事としては、トレチノインは変質しやすい薬となるため、保管する時は冷蔵庫で保管して一ヶ月を目処に使い切りましょう。
使い始めの時は日時を書いておくと分かりやすいです。
もしも一ヶ月が過ぎそうなら新しいものを処方してもらって、ニキビ改善に使用して下さい。
また、大人ニキビにはクリンダマイシンという薬も効果的です。
抗生物質であり、殺菌・抗炎症作用が強いため早期の治療に効果的です。

ハイドロキノンの美白効果はどのくらい?

美肌の女性スキンケアを行っていく中で、まだまだ白い肌が美しいと言われる時代です。
様々な美白化粧品や医薬品がありますので、幾つか利用しているという人も少なくありません。
美容皮膚科やクリニック等でも、美白をする時にはハイドロキノンやトレチノインを利用してのケアもスタンダードな治療法となっています。
ハイドロキノンもシミを作る酵素の働きを抑えてシミを作らないようにするという美白効果があります。
トレチノイン自体もターンオーバーを促してシミや色素沈着を薄くしたりするなど、こちらも同じように美白効果があります。
美白をメインに考えるのであれば、ハイドロキノンを使う方が推奨されていますが、可能であれば両方を使いましょう。
ハイドロキノンそのものは単体で使っても浸透が良くありませんが、トレチノインを使うことで肌に浸透しやすくなり、さらなる美白効果が期待できます。
手に入りやすさとしては、ハイドロキノンであれば市販薬や化粧品がありますのでそちらを試してみましょう。
トレチノインはまだ未認可の薬となるので、チャレンジしたいと思うのであればクリニックで診てもらって処方してもらう事になります。
気をつけたいポイントとしては、基本的には両方とも処方してもらって入手する薬となります。
ハイドロキノンこそ手に入りやすくなりましたが、両方とも肌にとっては効果も素晴らしい分強い作用をします。
思い込みなどで誤って利用して、逆にシミが濃くなったりする場合もありえます。
最初は低濃度のものから利用して使えそうかどうか確認したりするのもいいでしょう。
念のためクリニックできちんとカウンセリングを行って正しい用法を指示してもらってから美白治療をしていきましょう。